伊勢リサイクルプラザ

お問い合わせ トップページへ戻る

リサイクルについて考えよう
プラザニュースリサイクルについて考えようリサちゃん通信施設のご案内
グループ紹介 リサイクルの流れ ごみの出し方
伊勢リサイクルプラザホームページ > リサイクルについて考えよう

プラザの友


団体名:  プラザの友
入会条件: 着物リメークや手芸に興味があり、会員との協調性がある方で
       リサイクルプラザに於ける事業や活動に協力、出席のできる方
会    費: 1ヶ月 500円  
活動場所: 伊勢リサイクルプラザ
        第1・第3月曜日 9:30~16:00
活動目的: もったいない精神を生かそう
活動内容: 着物等の古着はゴミにせず資源にする
        着物を洋服にリフォーム・残り布で小物作り
        最終布ぞうりになるまで使う

 

ごみの分け方・出し方

各市町のホームページにて確認してください。


[エコ・クッキング教室」の進め方

ekokukku.jpg
辻本晴実先生をお迎えして

三重県環境学習情報センターの
辻本先生をお迎えして、
「エコ・クッキング教室の進め方」をテーマに スタッフの勉強会を開きました。
どうぞ ご期待下さい!

辻本先生のHPhttp://www.eco.pref.mie.jp//kouhou/kyou/200609151938221400/index.htm

[EMプリン石けんつくり」

shiragiku.jpg
環境にもお肌にも 優しい「EMプリン石けん」を 作りました。苛性ソーダを使うので 手袋、エプロン、マスクの 完璧な服装です。 トローっとした良いプリン石けんの出来上がりです。 しらぎく園のみなさーん! あなたの写真ですヨー!!


「EMの会 四季}

「ぼかし」つくり講習

102_00533.jpg
生ゴミをより早く堆肥化する「ぼかし
有機肥料で安心な野菜作りに挑戦しましょう!

ぼかし作り」は「EMの会 四季」活動の一つです

家庭用パソコンのリサイクル

2006041602.jpgパソコンリサイクルの対象となるものは伊勢市の収集に出したり、伊勢広域環境組合(清掃工場)に搬入することはできません。ご家庭で不要となったパソコンはお持ちのパソコンメーカーに回収を依頼してください。右記のPCリサイクルマークがないパソコンはリサイクル料金が必要となります。


【対象となるもの】

・デスクトップパソコン(本体)
・ノートパソコン
・液晶ディスプレイ
→リサイクル料金(PCリサイクルマークがない場合)→各3,150円(税込)

・CRTディスプレイ
・CRTディスプレイ一体型パソコン
→リサイクル料金(PCリサイクルマークがない場合)→各4,200円(税込)


【対象とならないもの】

・プリンタ、スキャナ、外付けドライブ等周辺機器
・FD、CD-ROMなどの記憶媒体
・ワープロ専用機

※パソコン購入時の標準添付品(マウス、キーボード、ケーブル等)は単品でごみとして出す場合はパソコンリサイクルの対象外となりますが、パソコンと一緒に梱包してパソコンメーカーに送付していただければ、リサイクルすることができます。ご協力をお願いいたします。


【パソコンリサイクル申し込み方法】

1.お持ちのパソコンメーカーに直接、申し込んでください。
パソコンメーカーの連絡先等は「電子情報技術産業協会(JEITA)」のホームページをご覧下さい。また、自作パソコンなど回収するメーカーがない場合は、「パソコンR3推進センター(電話:03-5285-7685)」へご連絡ください。

2.依頼先からエコゆうパック伝票が送付されます。

3.パソコン等を梱包し、エコゆうパック伝票を貼付して、最寄の郵便局に持ち込むか、郵便局に引き取りの依頼をしてください(郵送料の支払いは不要です)。

20回も30回も活躍している資源ビン


2006041601.jpg資源ビンには、「何度もくり返し使用される生きビン(リターナブルビン)」と「ビンの原料となるもの」の2種類があります。
生きビンは、ビールビン、お酒のビン、牛乳ビンなどがあります。
ビンの原料となるものは、生きビン以外のもので、飲料用として使われていたビン(栄養ドリンクビン、清涼飲料ビン、インスタントコーヒービンなど)で、普段、白色ビン、茶色ビン、そのビンに分け市町村が分別回収しているものです。


【生きビン】
使い終わったあきビンを何度も使います。
くり返し使われるビンは、生きビンといって、20回から30回もガラスビンとして活躍します。
キズがついて再利用できなくなっても、砕かれて新しいビンを作る原料としてよみがえります。


【飲料用ビン】
あきビンを砕いて新しいビンの原料にします。
生きビン以外の飲料用ビンは、砕かれて「カレット」と呼ばれるガラスビンの原料となります。
カレットは、けい砂、ソーダ灰、石灰石などの天然の原料と混ぜて再利用され、白色ビンは白色ビンに、茶色ビンは茶色ビンに、その他ビンはワインなどのビンとして、新しいビンになります。

家電4品目を処分する方法

テレビ・冷蔵庫及び冷凍庫・洗濯機及び衣類乾燥機・エアコン(室外機を含む)の4品目を「家電4品目」といいます。
これらは三重県伊勢市では回収も処理もできません。

続きを読む "家電4品目を処分する方法" »

分別のわかりにくい家庭ゴミ一覧

三重県伊勢市での分別のわかりにくい家庭ごみの一覧表です。

ごみの出し方についてのお願い

  • この一覧表は、あくまで参考であり、同品目であっても製品の材質、大きさにより分別区分が変わることがあります。
  • 一部、燃えるごみに金属を含む品目がありますが、金属部はできる限りはずして出してください。
  • 燃えないごみ、粗大ごみは清掃工場で破砕機にかけられた後、選別機にかけられ、最終的に鉄(資源物)、アルミ(資源物)、燃えるごみ、燃えないごみに分けられます。
  • 家電4品目とパソコン、オートバイは市では回収も処理もできません。

続きを読む "分別のわかりにくい家庭ゴミ一覧" »

四季の会

団体名: 四季の会
入会条件:環境浄化に関心のある人
会費:なし
活動場所:主に伊勢リサイクルプラザ、求めに応じ出前講座もしています。

活動の目的:
「未来に残そう 青い海を」

活動内容:
食廃油を利用した「石けん」作り  
生ゴミを有機肥料にする「ぼかし」作り

ホームページをご覧ください
http://www.amigo2.ne.jp/%7Eitihasi/em/shikipage1.htm